FC2ブログ

はきよい靴の店「靴のあいづや」

靴でおなやみの方、自分にフィットした靴をお探しの方には朗報です。靴販売45年、はき心地を追及してきました。今までの靴に不満の方はぜひ一度ご来店下さい。あいづやのフィット技術をお試し下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はきよい靴の話です

はきよい靴を作るメーカーさんは

靴に対するコンセプトが違います

お客様になんとかして、はきよい靴を届けたい

という会社の考えと、職人の努力で作られます

世界を見ますと、おしゃれではきよい靴はイタリアです

はきよくて、丈夫な靴ならドイツです

イギリスとフランスは伝統とおしゃれを加味した靴

日本のメーカーさんはまだ靴の経験が浅いので

固まったコンセプトの靴屋さんが少ないです

せっかく良い靴を開発してもお客様に定着するまでは

至らずに消滅する靴のメーカーさんが絶えません

何でもそうですが、お客様の考えがそこまで要求しないと

いつの間にか消滅せざるを得ないのです

僕としては継続して欲しいメーカーさんがあるのですが

靴に対するお客様の要望が浅いと思われることが多々あります

どうしても経済的な面が優先されるのは仕方がないことかも知れませんが

もっと靴に深い理解と愛情を持っていただきたいと

最近特に感じるこのごろです

もったいないメーカーが消滅するのが悲しい

ローマは一日してならずで、良い靴を作るのは時間がかかります

それがお客様に納得されるまでは数年かかります

ここに難しい問題があるのですが・・・・

テーマ:おしゃれ最新情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

今おはきの靴に不満はありませんか?

足のつま先がきゅうくつだ

足の指がいたい!などの症状がありませんか?

その靴を履き続けると、外反母趾や巻きつめなどの

足に故障が出ます、早めのお手当てが必要です

完全に足を壊してしまう前にご来店ください

靴のあいづや(米沢23-2037)では

お客様の足に靴を合わせる調整を行います

履きよい靴を考えて50年

日夜どうすればお客様に履きよい靴を提供できるかを

研究してきました。人間の足は左右が違います

その微妙な違いを靴を修正することで解消します

ピッタリとフィットした靴はあなたの一生の宝物になります

靴に少しでもご不満の方はぜひ一度ご来店下さい

多くのお客様から喜んでいただいております

早く来店すれば良かったとお喜びのお話を沢山いただいています

靴の不満は米沢靴のあいづや(TEL0238-23-2037)にお越しください

どんなご相談もOKです。また靴の修理を心を込めてやっています

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします

昨年の暮れから降り積もった雪が道路に残る

お正月ですが、今年の景気が気になる一年の

始まりです。 昨年は政権交代と言う一大イベントが

ありましたが国民が期待した鳩山内閣も

のっけから大変な宿題を背負っての出発になり

気の毒な一面はありますが、期待に応える活躍

を願う年初となりました。

テレビでは3Kが内閣の課題と言い囃子ているようですが

そんな悠長な雰囲気でない、世界情勢です。

今日本は鳩山さんに期待するしかありませんが

国民の方でも景気対策が必要です

デフレであり全てが今買い時となっています

確かに日本はここ30年以上大変な成長をとげ

各家庭も豊かになり、買う商品が無い状態かもしれません

けれどもお金が余ってしょうがない家庭も沢山あるはずです

ガソリンの食わない車、雪国では適さない太陽光発電ですが

きっと積雪に強いパネルも開発されるでしょう

また今話題のLED電球に交換してみるのはいかがでしょう

消費電力は従来の電球の1/5~1/10となり、電球の寿命は1/6以上と

なるそうです。LED電球の値段はまだ高いですが

みんなが使い出せばスグ安くなるのは今までの傾向です

電力消費に貢献でき、長い目でみれば電気料の倹約になります

世界に先駆けて先端技術の恩恵に浴してみるのも

楽しい経験とエコ生活に貢献できるとすれば両得でしょう

もっと考えてみれば少しでも景気対策に各家庭で出来る

取組はいっぱいあるような気がします

テレビも暗いニュースだけでなく、内閣のこきおろしだけでない

景気浮揚策でも流してもらいたいものです。

今年は国民がこぞって前向きな考えになって

景気後押し策をやりましょう。

ただ不景気ばかりを嘆いていても始まらないと思いませんか

靴の修理を心をこめてやっています

靴の修理とクリーニングをやっています

最近特に多くなっています

不景気の影響か分かりませんが、安いビニール靴が

持ち込まれるケースが増えています

修理代も決して安くはないのですが、自分の靴の値段に

比例させてしまうせいかどうか分かりませんが

靴の値段から想像しての事と思います

靴の修理材料もピンキリで、革靴の材料はそれなりに高価になります

その代わり耐久性も合成靴の部品よりも数段良くなります

その分修理代も高くなりますが、1万円~3万円の靴を扱っている

当店の靴には耐久性を重視して修理材料も吟味しています

でも良い靴は修理しながら長くお履きいただきたいものです

靴のはき心地は何処で決まるか!

紳士靴と婦人靴でも違いますが

婦人くつを選ぶ時を想定しますと

まず目的を明確にすることです、仕事で使うのか

おしゃれ用にデートに使うのか、出来るだけ具体的に

目的を明確にします。すればするほど対象が絞り込まれ

目的に合った靴を選ぶことができます。

一般に履き心地を言えば、甲の部分が深い靴ほどはき良くなります

おしゃれに見えるのは浅い靴の方がおしゃれに見えます

最近多い靴が甲の浅いくつです。足の指が半分も出る靴もあります

こんな靴を買ったら最悪です。ひどいとズルズル引きずって

歩くことになります。

足の負担を多く、外反母趾、巻き爪など足の故障につながります

歩く姿勢も悪くなり、腰や背中に故障が起きやすい症状になります。

靴の選択はこれほど重要であるのに、認識されている人が少ない

現実があります。 僕らの説明不足も一因ですが、もっと知れ渡る

必要がある情報です。

履き良い靴は姿勢を良くし、疲れない靴です。

履いてることを忘れさせる靴が最高の靴です、履きにくい靴は

靴ではありません、ただの飾り物です。

本物の靴を選びましょう、そして颯爽と歩きたいものです。

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

靴のあいづや

Author:靴のあいづや
はき心地を研究して45年、日本人に合う靴を勉強しました。
日本人の足も変わって来ています、甲のうすい指の長い欧米型の足が増えています。一方靴が足に合ってない原因の、足の故障も増えています。あいづやのフィッティング技術をお試し下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。